タグ:徐匯区 ( 3 ) タグの人気記事

上海のもう一つのロシア教会-東正大教堂

f0149885_12414594.jpg

先に思南路近くにあるロシア教会をご紹介しましたが、今日は「もう一つある」ロシア教会です。
盧湾区界隈-思南路 [2008-02-12]
中国資料によると「八カ国連合軍の中国侵犯後、清国政府は帝政ロシアに教会の建設を認めた」とあります。
映画「北京の55日」にもなった、1900年の義和団の乱以降を指しているのでしょう。
余談ですがこの映画には欧米の有名男女優に臆せず、若かりし日の伊丹十三氏も出演しているんです。(1963年、古いなぁ)
闸北区にあった1901年創建の教会が1932年の上海事変で消失したため、寄付を募って1934年にこの場所に建てたとあります。
典型的な古ロシア式教会で、屋根には5個のドーム形尖塔が十字形に配置されています。

↓クリック願います。

続きを見る。
[PR]
by haichaolu | 2008-02-28 12:39 | 建造物

宋慶齢物語(3)宋慶齢故居

f0149885_14132617.jpg

1949年から北京へ活動拠点を移した1964年以後も「上海の我が家」として過ごした家が、宋慶齢故居として一般公開されています。
参観券に入場時間が刻印されます。(大人15元、学生10元)
その時間になったらガイドが各部屋を案内してくれますので、それまで入り口の小部屋で紹介ビデオを見て待ちます。

下をクリック願います。
  ↓

入館する。→→→続きを見る。
[PR]
by haichaolu | 2008-02-23 20:13 | 建造物

鉄は熱い内に打て(趁熱打鉄)上海交通大学(5)

f0149885_1935743.jpg

交通大学の校章にもなっている「飲水思源」のモニュメントで、
「水を飲む時は水源を思う:現在の幸せの根源、人の恩をいつまでも忘れるな」と言う意味だそうです。
後ろは1930年築の第一宿舎で今でも学生寮として使われており、1932年の上海事変では傷病兵病院としても使用され、ここで宋慶麗も活躍しました。
でも、これを見るとどうしても「鉄は熱いうちに打て」と言う諺を思い出しますね。
f0149885_9244939.jpg

1年半で使った教材と「学生証」(学生割引が使える!)を記念に撮影しておきました。
後列は入学前に日本で勉強した(はず?)の教材や、中国で購入した辞書類です。
CANONさんの電子辞書とSONYさんのMP3には大変お世話になりました。m(__)m
熱いうちに打たなかったつけが今頃来ています。
しかし、中国語のレベルはまだまだです。(ーー;)

思い出の追加
[PR]
by haichaolu | 2008-02-18 19:30 | 建造物