タグ:上海 ( 159 ) タグの人気記事

上海人は味千がお好き(逆上陸したラーメンFC)

f0149885_1917346.jpg

上海には既に50店舗以上ある、有名な日本ラーメンのFC店です。
熊本が本店だそうで、1996年香港に開業して成功し、その後中国本土でFC展開しています。
世界10カ国、メニューを見ると中国では既に200店舗を超えたとか。
たまに外で一人お昼を食べる時はメニューも豊富で重宝しますが、いつも混雑して並ばなければいけません。
最安1杯16元のラーメンは地元店の3-4倍の値段ですが、
清潔な店内と優良なサービスで、子供連れの上海人にも人気のようです。
[PR]
by haichaolu | 2008-02-19 19:10 | スナップ

鉄は熱い内に打て(趁熱打鉄)上海交通大学(5)

f0149885_1935743.jpg

交通大学の校章にもなっている「飲水思源」のモニュメントで、
「水を飲む時は水源を思う:現在の幸せの根源、人の恩をいつまでも忘れるな」と言う意味だそうです。
後ろは1930年築の第一宿舎で今でも学生寮として使われており、1932年の上海事変では傷病兵病院としても使用され、ここで宋慶麗も活躍しました。
でも、これを見るとどうしても「鉄は熱いうちに打て」と言う諺を思い出しますね。
f0149885_9244939.jpg

1年半で使った教材と「学生証」(学生割引が使える!)を記念に撮影しておきました。
後列は入学前に日本で勉強した(はず?)の教材や、中国で購入した辞書類です。
CANONさんの電子辞書とSONYさんのMP3には大変お世話になりました。m(__)m
熱いうちに打たなかったつけが今頃来ています。
しかし、中国語のレベルはまだまだです。(ーー;)

思い出の追加
[PR]
by haichaolu | 2008-02-18 19:30 | 建造物

宋慶齢物語(2)孫中山故居

辛亥革命の後、孫文は1912年南京で中華民国の臨時大統領に就任しました。
宋姉妹の父は印刷業で成功し孫文の革命資金を援助していた関係から、当初長女の靄齢が孫文の英文秘書をしていましたが、彼女の結婚を期に米国留学から帰ったばかりの慶齢がその職を交代しました。
孫文の革命に対する理想を尊敬し、やがてそれが愛へと変わり、父親の反対を押し切って1915年、袁世凱に追われた孫文の亡命先日本で結婚式を挙げました。その時孫文49歳、宋慶齢22歳でした。
f0149885_14295120.jpg

1918年にカナダ人華僑から送られた、二人が暮らした家が孫文記念館として一般公開されています。
最近展示内容がリニューアルされ、3階まで豊富な資料で革命家の一生を紹介しています。

↓クリック願います。

入館する。
[PR]
by haichaolu | 2008-02-17 20:03 | 建造物

宋慶齢物語(1)景林堂

f0149885_1452174.jpg

「宋家の三姉妹」は小説や映画にもなり、ご存知の方も多いと思います。
中国清朝を倒した辛亥革命のリーダー孫文の妻で、宗家の次女宋慶齢(Song Qingling)のゆかりの場所をこれから数回に分けご紹介します。

↓クリック願います。

物語を見る。
[PR]
by haichaolu | 2008-02-16 13:11 | 建造物

黄浦区界隈(2)-虎丘路:輝きを再び貴重歴史建造物

f0149885_13485623.jpg

黄浦区は外灘や豫園、南京東路など有名な観光地がありますが、歴史も古いので市が指定した歴史的建造物の数も100件以上あります。
虎丘路は先にご紹介した円明園路の更に西にある短い通りですが、歴史的に重要な建造物が改修を待っているのか放置されたままになっています。
黄浦区界隈-円明園路 [2008-02-13]
今日は南の北京東路から北の南蘇州路に向かって歩いてみました。

↓クリック願います。

虎丘路を歩く。
[PR]
by haichaolu | 2008-02-15 13:46 | スナップ

バレンタインに贈るバラ

中国では日本と違い、バレンタインには男性から愛する女性へバラの花束を贈るそうです。
あなたは愛する人へどんなバラを贈りますか?
f0149885_15415517.jpg

少し気品があって優しいバラですか?

↓クリックねがいます。

バラを選ぶ。
[PR]
by haichaolu | 2008-02-14 15:39 | 植物写真

黄浦区界隈-円明園路:再開発を待つ外灘裏通り

外灘(中山東一路)を南から北へ蘇州川まで行き、南蘇州路を川沿いに左手に曲がりすぐ1本目の外灘と平行に南北に走る小道が円明園路です。
華やかにライトアップされる外灘の建物とは違い、静かに再開発を待つわずか数百mの短い裏通りの風景です。
f0149885_16371157.jpg

蘭心大楼と呼ばれた1927年にできた劇場とのことです。
閉ざされたビルの入り口の柵の間から中を見たら、なぜかエレベーターに明かりが灯っていました。

↓クリック願います。

園明園路を歩く。
[PR]
by haichaolu | 2008-02-13 16:26 | スナップ

春のかほり

f0149885_14321131.jpg

私の部屋にも春の香りがやって来ました。
f0149885_1427487.jpg

ほのかに上品なかほりです。
[PR]
by haichaolu | 2008-02-13 15:29 | 植物写真

盧湾区界隈-思南路:フランス租界のかおり

盧湾区にはフランス租界があったので、その影響から虹口区の下町の雰囲気とはまた違った印象があります。
思南路は区内を南北に縦断する動脈、重慶南路と瑞金二路の間にあり、バスも通らない細い道路なので開発の手が入っておらず、名跡も多く見所のある通りです。
北の准海中路から南へ肇嘉浜路まで、天気のよい日に歩いて見ました。
f0149885_10411346.jpg

先ずは皋蘭路を少し脇に入ったところにある1934年に完成のロシア正教教会跡。現在は某単位の所有となっているようです。

↓クリック願います。

思南路を散策する。
[PR]
by haichaolu | 2008-02-12 10:15 | スナップ

思い出の「留学生通り」上海交通大学(4)

f0149885_1922279.jpg

f0149885_19224321.jpg

f0149885_19233218.jpg

「留学生通り」は留学生会館前の通りで、私が勝手につけた名前です。
期末試験も終わり、3月の新学期が始まるまでは、今は人通りも多くありません。
[PR]
by haichaolu | 2008-02-11 19:20 | 建造物