<   2007年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ガーデン・カフェ

この辺りは外国人がよく集まる場所で、おしゃれな店がたくさんあります。
f0149885_20425179.jpg

エントランスはこんな感じです。夜来るともっと雰囲気いいかもね。
f0149885_20442964.jpg

そういえば近所でカメラクルーが外人モデルを使ったロケやってましたね。コマーシャルフォトでしょうか。
[PR]
by haichaolu | 2007-11-28 20:44 | スナップ

山の手通り

f0149885_853993.jpg

日本では12月になると飲み会も多くなるでしょう。
「山の手通り」は私がかってに付けた名前ですが、下町に住んでる身としては、
とにかくおしゃれなレストランやバーが立ち並んでいて嬉しくなってしまいます。
f0149885_854265.jpg

昼間ロケーションを確認して、夜景撮影に来てもいいですね。
お店もただでは撮影させてくれないでしょうから、強くはないですが嫌いではないので、
酔いつぶれる前に撮影が終わるか心配です。
[PR]
by haichaolu | 2007-11-27 08:51 | スナップ

童話の世界(2)

f0149885_20543452.jpg

まったく変った外観の建物です。
娘がアンデルセン童話を読んだ後、夢に出てきたお城の話をパパにしたら、パパが実際に建ててくれました。
優しいパパはイギリス人で、名前は伊利克馬靭(Eric Maller)と言います。

彼の父親Nils Mallerは1859年に上海へ来て商売を始め、ついに17隻の船を所有し貿易をするまでになり、
持ち船の修理の為に造船業も始め、2000人の工員を雇うほどになっていたとか。その造船会社は今でも存続しています。

1913年に父の事業を受け継いだエリックは7年の歳月をかけ、最愛の娘の為にこの城を建てました。
1936年に竣工した北欧風のお城は、その部屋数100室と言われています。
f0149885_21171656.jpg

以前は共産党組織の事務所として使用されていましたが、2001年から観光会社がホテルとして管理しているとのことですが、
現在門は閉ざされて一般には開放されていないようです。

冒険商人の夢の跡です。今日の結論。大人も「童話」を持たなきゃ。
[PR]
by haichaolu | 2007-11-26 20:56 | 建造物

童話の世界

f0149885_2071068.jpg

この派手な塀が両側にある小道の奥にはいったい何があるのでしょう。
f0149885_20153052.jpg

少しずつ見えてきました。建物もやっぱりハデハデです。
f0149885_2017551.jpg

外国人専用の幼稚園でした。やっぱり山の手は下町とは雰囲気が違いますねぇ。
f0149885_2019815.jpg

こんな幼稚園もありました。童話の世界のようで、子供達も毎日楽しみに通うでしょうね。
[PR]
by haichaolu | 2007-11-25 08:10 | スナップ

白公館

f0149885_7533190.jpg

工芸美術博物館の近くにある建物で「百年上海最頂級的十棟老洋館」に選ばれています。
元はフランス租界の公館で、その後社交クラブや個人の住居に使用されていましたが、
白先勇(将軍?)親子の住居となり「白公館」と呼ばれるようになったとか。
f0149885_20254424.jpg

現在は神戸牛も食べられる日本式高級焼肉レストランとなって、上海内外の美食家が訪れるそうです。
付近は緑も多く閑静で、この通りには音楽学校があり、ピアノなどを売る楽器店が並んでいます。
[PR]
by haichaolu | 2007-11-24 07:50 | 建造物

上海工芸博物館

f0149885_7372152.jpg

建物は1905年竣工。元はフランス租界時代の高官の住居だったそうですが、
まるでちょっとした宮殿ですね。
今は工芸美術研究所が使用しており、製作と展示と販売を行っています。
展示品は金細工や、象牙細工、ヒスイ細工から刺繍など色々あります。
販売品は大物は数百万円の中国屏風から1万円前後の壁掛けまであり、
値段の多寡はともかく、本物であることは間違いないようです。
f0149885_7381072.jpg

壁掛けは「輝石細工」と言うのでしょうか、今は昼休みで製作者は離席していますが、
ここで製作実演が見られます。販売品は、1万円前後からでも買えそうです。
入館料は8元です。
[PR]
by haichaolu | 2007-11-23 21:57 | 建造物

みんなぁ、今日は品川で飲もうぜ!

f0149885_747161.jpg

名前からして日本レストランかと思ったら、辛いので有名な四川料理店でした。
中国語で「味見(品評)をする」の「品」と、四川料理を意味する「川菜」を合わせると「品川」になってしまいます。
f0149885_20323684.jpg

この店だと「今日は鉄工所で飲もうぜ!」になっちゃいますが、一体中はどんな飲み屋さんでしょうか?
[PR]
by haichaolu | 2007-11-22 20:23 | スナップ

請客(チン・クゥ)

f0149885_19255771.jpg

「請客」は中国語で招待を意味します。
日本にいる知人が上海へ来ましたので、一緒に昼食を食べました。
このレストランは南欧風の内装で、中央が吹き抜けになっており、バンド用のステージや照明装置もあり以前はダンスホールだったようです。
何料理の店かお分かりですか?箸がおいてあるので中華だとすぐ分かりますよね。
f0149885_18485487.jpg

店は市の中心部にありますが、窓の外はこんな風景です。
リーズナブルな値段と、伝統を生かした斬新な料理で上海人に評判の上海料理店です。
[PR]
by haichaolu | 2007-11-21 18:14 | 食物写真

三井物産上海支店跡

f0149885_1702731.jpg

外灘の歴史的建造物は有名ですが、一つ西の通りにも旧い建築がたくさん保存されています。
これは日本人が設計した、比較的古い1903年竣工の建物で、イタリアルネッサンス様式だそうです。
きれいに補修されて使用されています。写真はちょっと電線がうるさいですが。
f0149885_17164848.jpg

すぐ近くにあるこれも「優秀歴史建築」に指定されています。イギリス農村様式だそうで、英国の会社が1936年に建てたものです。
イタリアにイギリス、いながらにして世界旅行。この辺りを歩くと被写体として興味を引く建物がたくさんあります。
[PR]
by haichaolu | 2007-11-20 16:55 | 建造物

雨の外灘

f0149885_16492360.jpg

雨もなんとかもちそうなので、撮影ポイントを探しに午前中外灘へ行きましたが、
あちこち工事中で、ちょうど良いアングルがなかなか見つかりません。
f0149885_1651673.jpg

今日はあいにくの天気で観光客も少なく、パトロールの管理員?も暇そうです。
f0149885_17111289.jpg

誰かが凧揚げをしていました。これから一雨毎に寒くなります。
[PR]
by haichaolu | 2007-11-19 16:42 | スナップ