カテゴリ:食物写真( 6 )

僕にも一つ頂戴、ねっ、お願い!

f0149885_991466.jpg

f0149885_910393.jpg

子供が食べているのは上海名物「小龍包」ですが、これは少し大きめの「湯包」でお肉とスープがたっぷり入ってます。
[PR]
by haichaolu | 2008-03-10 09:07 | 食物写真

家常便飯(ジャーチャンビェンファン)

f0149885_1259558.jpg

上海家庭料理を紹介します。御呼ばれで撮影チャンスに恵まれました。
上段左より「スナックエンドウ、椎茸、豚肉の炒め」「蒸した桂魚(淡水魚)の醤油掛け」「かえるの炒め」です。
下段左より「皮むき淡水海老の炒め」「骨付き豚肉の角煮」「白菜と塩肉の炒め」です。
この他に「上海蟹が一人2匹ずつ」「スープ」「ご飯」で6人分です。
f0149885_1304188.jpg

調理前の上海蟹です。お腹がちょうど「釣鐘」のような形をしている(上が尖った)のがオスで、
メスはこの形が台形をしています。
季節的に卵を持ったメスを、次に白子をもったオスを食べるそうですが、メスは小さいのでオスが好まれるようです。
[PR]
by haichaolu | 2007-12-15 12:51 | 食物写真

炒貨店(チャオハゥォディェン)

f0149885_12302399.jpg

スイカの種や落花生、そら豆などを炒ったものの総称を「炒貨」と言うそうです。

f0149885_122926100.jpg

日本では落花生以外はあまり食べないと思いますが、中国人はみな好きでよくポリポリ・ペッペ食べています。

f0149885_12282395.jpg

ひまわりの種・かぼちゃの種・松の実・はすの実など、他にも知らないものがたくさん売られていました。
[PR]
by haichaolu | 2007-12-14 12:16 | 食物写真

請客(チン・クゥ)

f0149885_19255771.jpg

「請客」は中国語で招待を意味します。
日本にいる知人が上海へ来ましたので、一緒に昼食を食べました。
このレストランは南欧風の内装で、中央が吹き抜けになっており、バンド用のステージや照明装置もあり以前はダンスホールだったようです。
何料理の店かお分かりですか?箸がおいてあるので中華だとすぐ分かりますよね。
f0149885_18485487.jpg

店は市の中心部にありますが、窓の外はこんな風景です。
リーズナブルな値段と、伝統を生かした斬新な料理で上海人に評判の上海料理店です。
[PR]
by haichaolu | 2007-11-21 18:14 | 食物写真

上海蟹

秋風が吹き、上海蟹の季節が来ました。日本のツアー旅行パンフレットにも特集していませんか?
この時期市内のホテルはどこも満員で、昔駐在員の時に出張者のホテルを予約するのに苦労しました。
今の季節はオスを食べます。その後、産卵する前のメスを食べます。大きいものでも子供の握りこぶしほどでしょうか。
以前、高級専門店で取締役出張時に600元するフルコースをご相伴したことがありました。
一般平民は公設市場の周りの露天で生きたものを買い、自宅で調理します。

         近郊から来た露天商の上海蟹
f0149885_17494114.jpg

全て養殖ですが、今年は豊漁だそうで1匹10元前後でしょうか。調理と言ってもたわしで洗った後、蒸し器で15分ほど蒸すだけですが。

         紐で縛る
f0149885_8111527.jpg

生きたまま蒸すので、暴れないように紐で縛ります(かわいそう)
上海蟹は身も食べますが、美味しいのは半熟の精子と卵子で、生姜を入れた酢醤油をつけて食べます。
半熟の精子と卵子はウニに似てますが、より濃厚な味がします。身は淡白です。
私も最初に食べた時はあまりの旨さに感激しましたが、最近は殻を剥くのが結構面倒な感じです。
もっとも600元の高級専門店で食べれば、係員が全部身をほぐしてくれますので、まったく手を汚さずに美味しいとこだけ食べられますが。
[PR]
by haichaolu | 2007-10-19 19:44 | 食物写真

フルーツ三昧

今日は少し話題を変えて果物の話です。
中国の生活で日本と比較して嬉しいのは、何といっても食べ物の値段が安いことですね。

中国は国土も広く各地に特産物がありますが、道路網の整備のお陰でしょうか上海では各地の特産品が集められているようです。
果物好きの私は季節ごとに色々と購入し、毎日デザートとして欠かせませんが、新鮮で美味しいフルーツがしかも安く購入できるのは幸せです。

                   種無し葡萄
f0149885_1440152.jpg

産地や品種名は知りませんが、恐らく西域物ではないでしょうか。
種がまったくなく、しかも皮のまま食べられます。ほんとに甘いです。
不精な私にはぴったりの食品です。

                   ハミ瓜
f0149885_14442938.jpg

これはご存知の方も多いでしょう、中華料理のデザートに西瓜などとともに良く出てきます。
同じく西域「新疆」の特産物ですね。
ハミと言う地名もありますが、実際はもう少し西のピチャンの特産品だそうです。

みなさん、葡萄とハミ瓜と合わせていくらだと思われますか。
葡萄は既に1房食べた後に撮影しました。
ハミ瓜は長さ約30cm、重さ約3kgあります。
いつも買う果物屋のおじさんが配達してくれて、なんと35元(約560円)です!
これで私は1週間、ヘルシーな生活が送れます。
[PR]
by haichaolu | 2007-10-06 08:32 | 食物写真