カテゴリ:風景写真( 15 )

2010年夏、再び上海。帰国日未定。

今、上海に来ています。
上海ではexblogに規制がかかり、仕方なしにfc2に引越ししたのですが、今回fc2も規制がかかっているようです。
またまたgooへ引越ししたのですが、規制中だったexblogに今日はアクセスできます!
しかし、すっかり操作方法を忘れてしまいました。(笑)
f0149885_10573074.jpg

今日の上海の天気予報では最高気温が何と41度!日中の外出には身の危険を感じるほどです。

上海下町写真館2010

More
[PR]
by haichaolu | 2010-08-13 10:48 | 風景写真

初日の出

f0149885_10221092.jpg

みなさん、2008年明けましておめでとうございます。
本年もどうか当ブログを宜しくお願いします。

さて、初日の出を撮影したいのですが、マンションの屋上は閉鎖されているし、
東側の非常階段もどうしてもカメラアングルが取れません。
自室の隣の窓に映る日の出で、どうかご勘弁を。m(__)m
[PR]
by haichaolu | 2008-01-01 09:11 | 風景写真

白鷺洲公園(アモイ)

f0149885_13402411.jpg

ホテル36階の回転展望食堂からの眺めです。
橋を渡った先は島になっていて、島の西側の先端に公園があります。
ゆったりと朝食のコーヒーを飲みながら撮影しました。

f0149885_13385825.jpg

AMはフリータイムなので、朝食後は公園へ散歩です。香港返還を記念して造られたそうですので、完成してまだ10年位ですか。
公園の木々も南国の感じですね。風が心地よく、11月なのに半袖1枚でちょうど良い気温です。     

f0149885_13412520.jpg

水のある風景は心が和みます。公園北側のマンションが住むにはよさそうですね。

まだまだご紹介したい風景は沢山あるのですが、これで一旦アモイ編は終了させていただきます。
アモイは上海から飛行機で1時間ちょっとで、日本からの直行便もあります。
台湾の対岸に位置し、気候は冬でも温暖です。
「夏は涼しい大連、冬は暖かいアモイで過ごす」と言うのが私の夢です。
[PR]
by haichaolu | 2007-11-08 13:35 | 風景写真

三輪タクシー(アモイ)

f0149885_1021218.jpg

中国南方のアモイは言語(閩南語)も歴史も江南地方とは違い、上海とはまったく違った国のようです。
「華僑」の影響が街並みに色濃く残っています。

          鰲 園(アオユエン)
f0149885_1028097.jpg

飛行場のすぐ近くにある、シンガポール系華僑で、ゴム園経営で成功し
辛亥革命や教育事業にも貢献した「陳嘉庚」氏の眠る「鰲園」を参観しました。
広大な鰲園内にある同氏の墓所の入り口です。
教育事業に全財産を注ぎ込み、子孫に「美田」は残さなかったそうです。

          墓所の石碑
f0149885_1036392.jpg

この地方の特技で、石を巧に刻んで造った膨大な量のレリーフが墓所の周りにあります。
文化大革命の時はレリーフに泥を塗って隠し、破壊を免れたらしいです。
墓所の前にある壁の文字(写真内左側)が印象的で、同氏の民族愛的思想の全てを語るように思えました。
「培養更多更好的人才来建設新国家」:更に多くの更に良い人材を育てることで新国家が建設できる(ブログ主訳)
          華僑博物館
f0149885_9143612.jpg

また、同氏が創建した「華僑博物館」にあった言葉です。「木の枝葉は根の恩を忘れない」
辛亥革命も孫文の募金活動に応じた世界中の華僑のお陰で成功したようなものです。
「華僑が世界史を変えた」とも言えるのではないでしょうか。
南普陀寺のすぐ近くなので、立ち寄られては如何でしょう。(入場無料)
[PR]
by haichaolu | 2007-11-07 10:18 | 風景写真

洗心(心を洗う)―南普陀寺(アモイ)

f0149885_11423986.jpg

1千年以上前、唐代創建の仏教寺院。
浙江省の仏教名山「普陀山」の南に位置するため南普陀寺と呼ばれるようになったとか。
(既に沢山の人が洗ったためか、水はちょっと濁っていました。。。。(-_-;)
f0149885_1148931.jpg

寺院のスタイルも江南地方とは印象が違いますね。

f0149885_11492489.jpg

敬虔な祈りを捧げている信者たち。
跪き、頭を地面に擦り付けるようにして、全身で祈りを捧げます。
[PR]
by haichaolu | 2007-11-06 11:40 | 風景写真

コロンス島(鼓浪嶼)アモイ

コロンス島は清国に反抗した海商「鄭成功」の拠点としてで有名な島です。

          日光岩から島の町並みとアモイ島を望む
f0149885_121466.jpg

最高部にある日光岩から島内の町並み全体と、遠くのアモイ島が望めます。
アモイ最高の眺めなので是非登攀をお勧めします。

          鄭成功記念館
f0149885_12154731.jpg

鄭成功記念館と鄭成功の銅像。内部では彼の活躍と生涯を紹介しています。
鄭成功は長崎県の生まれで、母は日本人です。
立派な洋館ですが、華僑が競って洋館を建てた時期があったらしく、
島内にはこのような洋館が沢山残っています。
中には持ち主がいなくなって政府の所有になっているものも少なくないとか。
海水浴もできる美しい海岸や、租界時代の各国領事館跡や華僑の古い洋館など、被写体には事欠きません。

          マージャンの原型?
f0149885_12215350.jpg

「さいころ」を6個使った「賭博」をしている像です。
説明書きを読んでいると、既に唐代に始まったとのことですが、
ルールを見るとどうもマージャンの原型のような気がします。
海賊の遊びがマージャンになって日本にも渡来したのではないでしょうか(新学説?)

          おまけ
f0149885_12224514.jpg

島内の郵便配達のおじさんです。
「写真摂ってもいいですか?」「だめだよぉー」と言ってる間に摂っちゃったもんね。
島内には観光用と警察と救急車の電気自動車以外には自転車も3台しかないそうな。
その内の1台がこの郵便配達のおじさんのものです。
右の人(ガイド)が「今日はラッキーです。」って笑ってますが、貴重な写真ですよ。
[PR]
by haichaolu | 2007-11-05 12:01 | 風景写真

張家界(3)

天子山に登るには2つのルートがあるようで、このロープウエイは混雑していたので、ガイドのとっさの判断でエレヴェーターで登りました。
地方のツアーに行くと、本来のツアーガイド以外に地元のガイドが加わります。言葉やコネの問題で、そのほうがスムースにことが運ぶようです。

          天子山ロープウエイ
f0149885_18345918.jpg

できれば写真を拡大して見て下さい。中央に4人乗りのゴンドラが2基見えます。
これで石峰のスケールを理解していただけるでしょうか?このゴンドラに乗って山を下りました。
[PR]
by haichaolu | 2007-10-22 18:32 | 風景写真

張家界(2)

天子山地区はエレヴェーターで登って、台地の上をバスで移動します。
こんな秘境でも民家があります。
しかも、各戸に衛星放送のアンテナが設置してあり、「生活は豊かなのかな」と感心しました。
昔は岩だらけで耕作に適さない貧しい土地でも、今は観光客がたくさん訪れ豊かになったのでしょうか?         


          天子山展望台から見た石峰群
f0149885_18223812.jpg

この広大さを写真表現するには、いったいどうすればよいのでしょうか?
[PR]
by haichaolu | 2007-10-21 18:19 | 風景写真

張家界(チャンジャージエ)

張家界は湖南省の北西部にある国家森林公園や自然保護区からなる景勝地で、世界自然遺産にも登録されています。
標高1200m前後の石灰岩の台地が雨で浸食され、3000本以上といわれる奇岩が立ち並ぶ景観を作り出しました。
地域内はよく整備されていて、ロープウエイで山頂の展望台から奇岩を見下ろしても、谷のせせらぎに沿って歩いて見上げてももよく、どなたでも自然が作り出した芸術品を堪能できます。
               黄石寨ロープウエイ
f0149885_22555836.jpg


三連装の珍しいロープウエイ。奇岩を縫うように登って、10分ほどで展望台に到着する。
[PR]
by haichaolu | 2007-10-20 22:28 | 風景写真

蘇州(3)

汽車に乗っての1泊2日の旅行でした。
まだ見てなかった南郊外にある「宝帯橋」を見たくて出かけました。
これは北京と杭州を結ぶ1749kmの「京杭大運河」に架かる317mの石橋で、53のアーチを持ち、石橋では中国最長のものです。
観光客もあまり訪れない場所で、写真としてもあまり絵にはならなかったのですが、1000年以上前の唐代に、中国の大動脈として日本本州の長さにも匹敵するような運河が
既に構築されていたことが驚きでした。
為政者の強大な権力と財力と技術力が有ったのでしょうが。
もっとも長さ5000kmの長城を造った民族ですから、そんなの朝飯前か?
f0149885_17511862.jpg

[PR]
by haichaolu | 2007-10-16 17:32 | 風景写真