2008年 03月 15日 ( 2 )

慈修庵-上海下町の尼寺

f0149885_1921195.jpg

巨大な高層マンションの陰に残る石庫門の狭い路地を探しさまよい、やっとたどり着きました。
黄氏家族が修行場所として1869年に創建した庵は20世紀初頭に火災で焼失しましたが、
信者の厚い信仰が寄付を募り再建され、今は尼寺として宗教活動を続けています。
江南民居四合院式建築だそうです。

↓クリック願います。

参拝する。
[PR]
by haichaolu | 2008-03-15 19:16 | 建造物

上海の獅子林には恐れ入る-蓬莱公園

f0149885_20322579.jpg

「蓬莱(penglai)公園」は家の近所にある小さな中国式庭園です。
1932年の上海地図を見ると、現在の黄浦区の南半分は「南市」と呼ばれ、黄浦江には沢山の埠頭の名前がふられ(対岸の浦東側には「大阪商船埠頭」「日清汽船埠頭」「三菱公司埠頭」などの名前も見える)、鉄道の上海南駅もあり活気のある港街だったように思われます。
その南市地区にある1953年に造営された何の取り柄もない公園ようで、何度か来ているのに今まで気がつきませんでしたが、園内には古い石像が多数陳列してあり、その一つ一つの説明を読むと、何と元代(1271年→)・明代(1368年→)・清代(1636年-1912年)の作品です!

↓クリック願います。

公園に入り石像を見る。
[PR]
by haichaolu | 2008-03-15 18:03 | 建造物