2008年 03月 12日 ( 1 )

上海下町のエッフェル塔-小南門警鐘楼

f0149885_20552973.jpg

優秀歴史建築にも指定されている、1910年救火連合会が建設した高さ約35mの火の見櫓です。
f0149885_20581646.jpg

中華路から見たショットです。公安の構内のようですが、かまわず入って真下から撮影できますが、上ることはできません。
今は高層マンションの陰で目立たなくなりましたが、1927年3月20日正午、上海工人第三次武装蜂起の時合図の警鐘を鳴らした由緒ある建物です。
手元資料に寄れば、
「周恩来も広州から駆けつけ直接指揮をした。12時とともに黄浦江を航行する大小の船や大工場からもいっせいに汽笛が鳴らされ、80万人の労働者がゼネストに突入し、3000人以上の武装グループが30時間の戦闘の後、北伐軍拠点などを襲撃し占拠した」とあります。

↓クリック願います。

そして現在。。。
[PR]
by haichaolu | 2008-03-12 20:53 | 建造物