2008年 01月 09日 ( 1 )

徐家匯徐光啓公園 

学校がある徐家匯の地名の元となったのは、
上海人で明代の偉大な科学者「徐光啓」がここで農業を実践しながら、
農業技術の改善や数学・天文学を研究し著述をした家があったからだそうです。
f0149885_21111529.jpg

徐家匯の気象局の前にある彼の像です。この裏に公園があります。
ちなみに上海市の気温は気象局のあるここが基準となるようです。
f0149885_9333059.jpg

写真は明代の南京にいたイタリア人宣教師(Matteo Ricci)です。
徐光啓は1600年に南京で彼に会い、西洋の科学に始めて触れそれを吸収してしまったそうです。
この宣教師も苦労して中国語をマスターしたそうで、二人共同で西洋の幾何学書を中国語に翻訳しました。
(北京の三塔寺に写真のMatteo Ricciの墓があるそうです。)
f0149885_9341562.jpg

公園内に彼の墓所と小さな記念館が併設してあります。十字架から彼はクリスチャンであったと思われます。
f0149885_1041656.jpg

この写真は租界時代の徐家匯のようです。
周りには高い建物はないので、恐らく熱気球の上からでも撮影した「航空写真」ではないでしょうか。
教会や学校・天文台・博物館などが造られ、当時ここは西洋文化の中心だったとか。
徐光啓」の名前を覚えておいてください。上海の近代史に再登場します。
[PR]
by haichaolu | 2008-01-09 09:24 | 建造物