2007年 11月 23日 ( 1 )

上海工芸博物館

f0149885_7372152.jpg

建物は1905年竣工。元はフランス租界時代の高官の住居だったそうですが、
まるでちょっとした宮殿ですね。
今は工芸美術研究所が使用しており、製作と展示と販売を行っています。
展示品は金細工や、象牙細工、ヒスイ細工から刺繍など色々あります。
販売品は大物は数百万円の中国屏風から1万円前後の壁掛けまであり、
値段の多寡はともかく、本物であることは間違いないようです。
f0149885_7381072.jpg

壁掛けは「輝石細工」と言うのでしょうか、今は昼休みで製作者は離席していますが、
ここで製作実演が見られます。販売品は、1万円前後からでも買えそうです。
入館料は8元です。
[PR]
by haichaolu | 2007-11-23 21:57 | 建造物