2007年 11月 07日 ( 1 )

三輪タクシー(アモイ)

f0149885_1021218.jpg

中国南方のアモイは言語(閩南語)も歴史も江南地方とは違い、上海とはまったく違った国のようです。
「華僑」の影響が街並みに色濃く残っています。

          鰲 園(アオユエン)
f0149885_1028097.jpg

飛行場のすぐ近くにある、シンガポール系華僑で、ゴム園経営で成功し
辛亥革命や教育事業にも貢献した「陳嘉庚」氏の眠る「鰲園」を参観しました。
広大な鰲園内にある同氏の墓所の入り口です。
教育事業に全財産を注ぎ込み、子孫に「美田」は残さなかったそうです。

          墓所の石碑
f0149885_1036392.jpg

この地方の特技で、石を巧に刻んで造った膨大な量のレリーフが墓所の周りにあります。
文化大革命の時はレリーフに泥を塗って隠し、破壊を免れたらしいです。
墓所の前にある壁の文字(写真内左側)が印象的で、同氏の民族愛的思想の全てを語るように思えました。
「培養更多更好的人才来建設新国家」:更に多くの更に良い人材を育てることで新国家が建設できる(ブログ主訳)
          華僑博物館
f0149885_9143612.jpg

また、同氏が創建した「華僑博物館」にあった言葉です。「木の枝葉は根の恩を忘れない」
辛亥革命も孫文の募金活動に応じた世界中の華僑のお陰で成功したようなものです。
「華僑が世界史を変えた」とも言えるのではないでしょうか。
南普陀寺のすぐ近くなので、立ち寄られては如何でしょう。(入場無料)
[PR]
by haichaolu | 2007-11-07 10:18 | 風景写真