2007年 10月 03日 ( 1 )

白い教会

ご近所紹介シリーズの続きです。
南浦大橋から一つ北に「董家渡」(ドンジァドゥ)と言う渡し場があり、通りの名前も同じ董家渡路と言います。
恐らく古くから人々の往来が激しかったのでしょうが、ここに古い教会がありますのでご紹介します。
門前の由緒書きを見ると1847年に着工して1853年に完成(1984年に修復)とありました。

f0149885_18121066.jpg


また由緒書きは「欧州耶蘇会様式」と書いてありましが、以前マカオで見た教会のような感じで、ちょっと下町の風景にはそぐわない感じです。
しかし内部を見ると結婚式や敬老行事の写真が掲示してあり、観光施設ではない、市民生活に溶け込んでいるような印象を受けました。

礼拝堂内部と祭壇
f0149885_18213873.jpg

門を入ってすぐ左にあるマリア像
f0149885_18235720.jpg

礼拝堂内部のマリアの壁画  
f0149885_18291189.jpg

門柱上の小天使
f0149885_18333839.jpg

             
[PR]
by haichaolu | 2007-10-03 17:46 | 建造物