修復中の聖三一堂(紅礼拝堂)-「100年に一度」に遭遇!

f0149885_16231998.jpg

聖三一堂は1847年にイギリス人が創建しましたが、度重なる不吉な出来事に1862年に撤去再建されました。その後1893年にも増築されましたが文革中に宗教活動は中止させられ、今は区の所有となっているようです。
f0149885_17441740.jpg

看板にもあるように現在改修工事中ですが、偶然撮影チャンスに恵まれました。

よい子の皆さん、決して叔父さんの真似をして危険なところでは写真撮影をしないで下さいね。

↓クリック願います。



f0149885_17165313.jpg

たまたま門が開いていたので中に入り警備員に頼んで撮影のOKをもらいました。
1枚目は鐘楼ですが、上部の尖塔は1966年に文革の被害にあい破壊されたようですね。
f0149885_162822100.jpg

礼拝堂を外部から撮影です。春節休みで作業員は帰省中なのか、工事は中断していました。
f0149885_16293263.jpg

こ、こ、これは窓からの撮影です。(-_-;)
f0149885_16301765.jpg

内部の壁はかなり傷んでいたようですね。
f0149885_1631679.jpg

無駄な装飾を加えていない分、かえって荘厳な感じがします。
f0149885_16314037.jpg

撮影を失敗すると2度と撮れないと思い、念のため途中からRAWに切り替えました。

工期は720日と看板に書いてありましたので、来年くらいには完了でしょうか?その時はどんなに綺麗で豪華になっているか楽しみですね。
[PR]
by haichaolu | 2008-03-02 16:19 | 建造物
<< 上海鉄路博物館-鉄道ファン必見! 上海孔子廟-文廟:上海の学問の神様 >>