虹口区界隈(11)-ユダヤ難民上海記念館

f0149885_1504595.jpg

元々は摩西会堂と呼ばれる1907年に創建された教会でしたが、
1927年にこの場所に建設され、2007年に虹口区人民政府の出資で改修されました。
入場料は大人50元ですが、私は学生なので10元で入場できました。(^^ゞ

下、クリック願います。
     ↓



f0149885_1521710.jpg

女子大生のガイドさんが案内してくれました。
南側からの外観です。庭には新しく展示室を建設中とのことです。
f0149885_1532084.jpg

綺麗に清掃された施設で、この入り口から靴にカバーを付けて内部へ入ります。
f0149885_1561226.jpg

1階は一部吹き抜けになった構造の教会です。暗くて古ぼけた建物を想像していましたが、意外でした。
f0149885_1584351.jpg

2階の展示物です。旧いミシンや扇風機にラジオ、この石油式の青い「コーヒー沸かし」もきっと当時のものでしょうね。
f0149885_157788.jpg

3階は会議室になっており、来訪されたイスラエル首相など高官の写真が掲載してありますが、
今は付近の方の集会にも使われているようですね。
f0149885_15115597.jpg

窓の外の風景です。今住んでる方はもちろん中国人ばかりでしょう。
当時のユダヤ人の生活などはほとんど紹介されていません。新しい展示室ができたら、展示物も増えるのでしょうか?
一つ疑問が出てきました。当時と現在と付近の人口密度はどちらが高いでしょう?
[PR]
by haichaolu | 2008-01-26 15:03 | 建造物
<< 上海子育て事情 虹口区界隈(10)-提籃橋旧ユ... >>