浦江飯店(カドゥリー物語Ⅱ)

f0149885_160460.jpg

外灘の北の端、蘇州川を渡ると右手にヴィクトリア朝風の堂々とした旧いホテルが見えます。
最近までバックパーッカー専用ホテルでしたが、かつては幾多の有名人も宿泊した東洋一の豪華ホテルでした。
f0149885_1653235.jpg

初代ホテルは1846年に営業開始しましたが経営者も次々に変り、今の建物はこの場所に1909年に完成したとあります。
そして1923年、カドゥリーが他のホテルと併せこのホテルを買収し経営に乗り出したのです。
この時彼は油の載り切った56歳、二人の優秀で働き者の息子と共に、益々家業を発展させたそうです。
彼は1867年バグダッド生まれ、同じユダヤ系の不動産王サッスーンの元で働くために1880年に上海へ渡って来たと有りますので、
わずか13歳の時に上海へ来た事になります。
その後500ドルの元手でサッスーンから独立し事業を始め、遂に歴史の表舞台へ登場するまでになりました。
f0149885_1625524.jpg

内部はオールドホテルらしい落ち着いた造りです。宿泊しなくとも見学だけでも価値がありますね。
f0149885_1633728.jpg

1階大ホールでは結婚式の準備をしていました。全てのシャンデリアが点灯すると、見事な結婚式になるでしょう。
フロントロビーには歴代宿泊した大科学者アインシュタインや喜劇王チャップリンなどの写真が掲げてありました。
[PR]
by haichaolu | 2007-12-29 09:01 | 建造物
<< 馬立斯別荘(瑞金賓館) HSBC旧上海支店(現、上海浦... >>